HOME同友会ニュース会員企業紹介

【23.03.03】<第4回>(株)モリ・フロッキー

各社のSDGsの実践を取り上げることで、いかに自社事業と課題を結び付け、今後どのように取り組んで行くか―皆様の実践のきっかけとなる先進事例を6回シリーズで取り上げます


中小企業のSDGs最前線
〜我が社の取り組みを紹介します〜

 \;

(株)モリ・フロッキー
取締役常務 森 達海 さん(倉敷支部)

<所 在 地> 倉敷市児島下の町9-13-24
<事業内容>オリジナルTシャツ製造・販売・シルク印刷・インクジェット加工
      など
<W E B> http://www.mori-flocky.jp/

企業紹介

(山下)どんな仕事をしているんですか?
(森)イベントで使用する揃いのTシャツなどを主に扱っています。縫製からプリ
    ントまで様々なニーズに対応し、既製品ではないオリジナルの製品をお
    届けしています。タオルや布製の鞄などのプリントも手掛けています。

SDGsの取り組み

(山下)SDGsではどんなことに取り組んでいるんですか?
(森)当社では廃水が出ない「水なし印刷」の技術を2021年秋頃から導入し、環
    境負荷の軽減につなげています。また、働きやすい環境づくりにも力を
    入れています。社員の意識を共有するために面談やミーティングを定期
    的に行い、創業以来の古い企業体質を変えていこうとしているところで
    す。

 \;

(山下)古い企業体質とは?
(森)例えば納期が極端に短い発注に対しても、遅くまで残業して無理やり対応
    するようなことです。以前はそれが当たり前でしたし、お客さんの要望
    に応えられることが嬉しくて、「うちはこんなに仕事ができる」という
    誇りでもあったんです。私も会社を成長させることが使命だと思ってい
    たので、どんどん仕事を引き受けて、どんどん人を増やしてきました。

(山下)どうしてそれを変えようと思ったんですか?
(森)専務の兄が常々ワークライフバランスの大切さを訴えていましたし、私自
    身も同友会で「社員はパートナー」と学び、それまでの考え方を改めま
    した。

(山下)具体的にはどんなことに取り組んだんですか
(森)2018年から社内研修を毎年実施するようになりました。SDGs研修、ワー
    クライフバランス研修、新入社員研修など様々な勉強会を行い、世の中
    の情勢を学んで自社で先取りできるようにしています。SDGsを特に意識
    しているわけではありませんが、私が同友会で経営指針を作成し、社員
    と一緒に社会の課題や地球環境の問題に向き合いながらこだわりのもの
    づくりをするという方向性が明確になったことで、自然とSDGsに繋が
    ってきたのだと思います。

 \;

今後の展望

(山下)今後はどんなことに取り組みたいですか?
(森)繊維業界は賃金水準が低いと言われますが、安易に残業して稼ぐような働
    き方ではこの先やっていけません。実際、ワークライフバランスを推進
    するようになって、それまで残業代を当てにしていた社員は辞めていき
    ました。無理な仕事はお断りするようになったので離れるお客さんもい
    ましたが、結果的にはそれでよかったと思います。今後は生産性向上や
    効率化に取り組み、賃金を上げて「日本一働きやすい工場」を目指しま
    す。


執筆=(株)イケル 山下 秀男

▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

対外情報発信についてのガイドライン

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ