HOME同友会ニュースコロナを生き抜く経営理念

【21.11.22】コロナを生き抜く「経営理念」―第5回―

 \;

(株) ジョア

相談役 神馬 孝司(ジンバ タカシ)氏 / 岡山同友会顧問

【 入 会 年 】1992年
【 支 部 】 倉敷支部
【企業WEB】 https://www.joie.co.jp/
【 所 在 地 】〒701-0212 岡山市南区内尾288-14
【 設 立 】 1989 年
【 社 員 数 】 38人(内、パート10人)
【事業内容】女性用しごと服と、その関連商品の企画、製造、販売

 \;

 \; ジョアは、女性のしごと服と、その関連事業を通して
1.はたらく女性の一人ひとりと、その企業が共にかがやく社会をつくっていき
 ます。
1.お取引先様や全ての関係者と、共にかがやく関係をつくっていきます。
1.社員一人ひとりが、共にかがやく関係をつくっていきます。

私たちは、この3つの目的を三位一体で実践し、新たなしごと服文
化をつくっていきます

 \; 経営資源の充実をはかる
(1)ひとについて  (2)もの(商品)、サービスについて
(3)お金について   (4)情報について


経営理念に込めた思い

 はたらく職場における女性たちの存在価値がますます重視されてきている中で、ジョア発の商品とサービスで彼女たちにお役立ちしたく、また、そういう事業は社員一人ひとりやお取引様や関係者とのパートナシップから成り立つという思いでこの理念を策定しました。

コロナ禍を生き抜くための取り組み

 業界の成熟に伴うマーケットの縮小と長期間のコロナ禍を受けて顧客のリモートワークやオンライン勤務、DXの進展に伴う現業部門の縮小の中、培ってきた接客やおもてなし度の高い分野で新しい顧客層の開拓に取り組みました。一方、ベースとなる部分では、既存商品の組み合わせ等新しいアイテムづくりにチャレンジし、SNSを通じた情報発信に注力しています。
財務については、現在の比較的安定した状況をベースに、負担の少ない融資のサポートで分厚い財務状態を並行させています

今後の(10年)ビジョン、展望

 業界の方向性、自社の強み・弱み分析の中で、しごと服の分野だけでの展開には限界があると判断しています。従って、?理念にある「働く女性のかがやき」を応援するしごと服の周辺商品とのコラボレーションか自社での開発。?流通分野の合理化(EC販売のみならず、何らかの小売り分野への進出)を見込んでいます。


▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

対外情報発信についてのガイドライン

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ