HOME同友会ニュース活動報告

【 開催しました 】 2018新春経営講演会開催

いい会社をつくりましょう
〜 社員のしあわせと『戦わない経営』〜

伊那食品工業 (株) 代表取締役 井上 修 氏


1月31日、 於 岡山ロイヤルホテル

 \;

 1月31日、2018新春経営講演会を開催し、会員、オブザーバー、金融機関などを含む約630人が参加しました。

 伊那食品工業(株)は井上社長の実父が創業。その後、現会長の塚越寛氏が社長を務め、井上氏は三代目の経営者となります。井上氏は創業者の息子であるが故に「ぬくぬくと育ってはいけない。社員よりも苦しまなくてはいけない」とい
う信念を持って歩んでこられました。

 名物経営者である塚越氏の後を任された際、「何度も『一番目立たない社長になるが我慢できるのか』と自問自答を繰り返した」といいます。そして ”私がやらずに誰がやる。自分よりやっている奴がいてはいけない “ と覚悟を決め、事業を継承したそうです。講演では、同氏が考える承継の心得を紹介し、「超えないこと、受け止め褒めること、私が誰より一番苦しむことが重要」と話されました。
また、「寒天を作る前に『人』をつくる会社でありたい。会社の利益の5%は設備と人材に投資している」「皆さんも社員の充実した生活の上に我々経営者のしあわせがあることを自覚してほしい」と語り、講演会は終了となりました。閉会挨拶には山下秀男実行委員長が立ち、伊那食品工業(株)の年輪経営の魅力を紹介するとともに、オブザーバーの皆さんに「ぜひ仲間に加わっていただき、一緒に学んでいきましょう」と呼び掛けました。
 \;

 賀詞交歓会は参加者同士の交流に重きを置いた構成で企画されました。藤井孝章代表理事の挨拶の後、金融機関からのご来賓による挨拶で始まりました。乾杯を合図に同友会の活動や会員企業の動向を伝えるスライドショーが上映される中、参加者はそれぞれ懇親を深めました。終盤には、経営者フォーラムの実行委員長・門田悦子氏が登壇し、「5月26日の経営者フォーラムを通じ、我々が地域の原動力になりましょう」と参加を呼び掛けました。

 最後に山辺啓三代表理事が「『私がやらねば誰がやる』、この言葉を胸に自社や地域と向き合っていきましょう」と呼びかけ、閉会となりました。

 \;

参加者感想文より抜粋

●社員の幸せを願う経営者の想いが細部にまで詰まっている強い会社だと感じます。想いに対してこそ想いが返ってくる。本当に望む信頼関係が見えます。一つ一つの積み重ねを大切にしていくことを私たちも実践していきたいと心から学ばせていただきました。とても楽しかったです、最高!!

●「いい会社」と聞いて「100%の社員が満足しているのか?」と思いましたが、そうでない人がいてもそれを自由に認めているところがいい会社なのだと思いました。社長が掃除でも何でも先頭に立つこと。社員より熱心にされていることがすごいと思いました。

●大切なことを楽しくお話いただきました。「戦わない」の意味は色々にとれると思います。誰と? 何を争って?いつ? こんなことも考えながら聞かせていただきました。

●社員の気持ちをくみ取り、その意見が自分にとって厳しいものであっても矢として受け止めているというお言葉を聞いて、社員が素直に意見を言えるのもそれを受け止めて下さる社長のお人柄あってのことと感じました。私も10年前、寒天ダイエットに成功した一人です!

●自分で目標(価値観)を作ることや小さな行為の積み重ねなど学ばせていただきました。是非今後に活かしていきたいと思います。

●押し付けられた価値観でなく社員一人ひとりが自分たちの中で作った価値観で会社を大事に思い、動いている。そんな会社を作ってこられた社長のお話が聞けてとも感動しました。自分もわが社に対して、この様な思いをもって仕事をしたいと思いました。「天に対するおもてなし。誰も見ていないときでも自分だけは見ている」― この言葉をしっかり持って帰ります。

実行委員長ごあいさつ

 \; 2018年新春経営講演会実行委員長 山下 秀男

 大勢の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。おかげさまで約630人の参加で盛会に開催することができました。初めての大役では、自分の視点が変るという大きな気づきがありました。求められる役割を追求することで自分の可能性、そして新しく見えてくる課題を発見していきます。掲げた目標に近い動員結果を成し遂げたことへの大きな満足感より、どれだけ多くの協力者の行動の上にあるのかを痛感し、心から感謝の念がわき起こります。役割が人を育て、井上修社長の人柄に直接触れることで、実行力が増し、同友会の仲間の行動が共鳴していくことで、付加価値が生まれていく。会社経営と同友会運動が不離一体と学んできましたが、また深く自分に刻む
ことができました。

 同友会の『労使見解』の中で「現在ほど激しく移り変わる情勢の変化に対応できる経営者の能力(判断力と実行力)を要求される時代はない」と謳われています。同友会で深く学ぶことが目的ではありません。実行しないのであれば知らないと同じであり、すべて知行合一でなければなりません。今回の講演会で何を学び、何を実践するか。経営者の責任を問われ、実行委員長としての責任を問われます。これからも、会社経営において、同友会運動においても、覚悟が周りに共鳴するよう力強く役割を実行していきます。このたびは、深い学びをいただき、本当にありがとうございました。



新春経営講演会に参加して

 \; 伊那食品工業(株)  岡山営業所長   滝沢 洋行

 この度は、新春経営講演会に参加させて頂き、誠に有難うございました。また、弊社社長の講演をお聴きいただきまして、重ね重ね御礼申し上げます。弊社の社是は『いい会社をつくりましょう』であります。社是とは、会社、社員が追及すべき理念であり、現在進行形で完成されたものではございません。勿論、完成するものでも無いと思っております。

 多くの方に、「いい会社だね」と言っていただきますが、会社には、問題点、課題等常に山積み状態で、社員一人一人がその課題に真剣に向き合っています。その姿を評して、「いい会社」と言っていただけるのかなと個人的には考えます。

 今回、600人を超える多くの方にお会いしました。また、一般社員の方も多く参加していただいたわけですが、少しでも弊社の理念、会社、社員の雰囲気が伝わり、貴会の目指す、『よい会社・よい経営者、よい経営環境をつくろう』は、「自分達社員一人一人が作り上げて行くものだ」という事を思っていただければ幸いです。生意気な事を申しまして大変恐縮ですが、今後の皆様の益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げます。


かんてんぱぱショップ 岡山店

   住   所   岡山市北区平田101-101

   駐 車 場    14台

   営業時間   【平日】 9:00 〜 17:30
            【土日】10:00 〜 18:00

   定休日     祝祭日


▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ